GALLERY AURA Shop Blog

東京都港区麻布十番のアンティークショップ、ギャラリーオーラのブログです

ハードストーンインタリオのペンダントヘッド

こんにちは。
ペンダントヘッドが入荷いたしました。


170625a


カーネリアンと、


170625b


オニキス。


170625c


片面ずつに異なる素材が使われた、蓋が開閉するロケットタイプです。


170625d

170625e


整ったラインが作り出すシールド風のデザイン、ゴールドには
全面に細やかな彫りがなされています。


170625f


この小さな突起が、反対側の丸い穴にかちりとはまり、ロケットの
蓋がよりしっかりと閉じるようになっています。

カーネリアンの側には "BE"、オニキスの側には "TO" または
"JO" と読めるイニシャルが刻まれています。
内側もまたそれぞれに写真などが一枚ずつ収められるように
なっていて、おそらく愛し合う二人ためのジュエリーなのでしょう。

1800年代、ヴィクトリアン後期の作品と推測されますが、この頃に
流行した愛を伝えるジュエリーには、たとえば「私を忘れないで」の
花言葉から勿忘草をあしらったり、いくつかの宝石を並べて
頭文字から意味のある単語を示したりと、ちょっとしたロマンティックな
演出が加えられているものも多く見かけます。

それらと比較すると、叙情性や華やかさには欠けるものの、
誠実に、大切に育まれた愛情の存在が確かに伝わってくるような、
重厚感と落ち着きのあるデザインです。


170625g


チェーンを通すカンの部分は直径4.5ミリほどと、少し大きめです。
ボリュームのあるチェーンを合わせても素敵ですね。


170625i

170625h


どちらの面を見せるかで雰囲気が変わり、コーディネートの幅も
広がります。
ぜひ当店ウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/25(日) 16:04:09|
  2. 新着商品

新着のダイヤモンドリング

こんにちは。
ダイヤモンドのリングが入荷いたしました。


170619a


1900年頃製と推測されます。


170619b


中央には斜めに並んだ大きめのダイヤモンドが三石。
その上下にも、少し小さなものが三石ずつセットされています。


170619c


メインの地金はゴールドで、ダイヤモンドの周囲や上下の
ライン部分はシルバーが使われています。


170619d


ダイヤモンドは特別大粒でも、数が多いわけでもないのですが、
輝きがとても強いのが印象的です。


170619e

170619f


大きなダイヤモンドは、ハート型の透かし模様の台座で高く、
小さめのものは、地金に埋め込むようなセッティングです。
サイズの違いに高低差が加わり、それぞれの輝きの違いが
強調されつつも引き立てあい、こんなにもきらきらと煌めき、
サイズ以上のインパクトを生んでいるのだと考えます。

もちろん、白色の金属がダイヤモンドをより輝かせているのも
ありますね。
こちらのリングではシルバー、プラチナや、ホワイトゴールドが
使われたりもします。


170619g

170619h

170619i


表面はシルバーの部分も、裏側にはゴールドが使われています。
小さなダイヤモンドの裏側も、一つずつ丁寧に四角く開いていて、
しっかりとした作品であることが分かります。

ぜひ当店ウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。



  1. 2017/06/19(月) 18:48:50|
  2. 新着商品

1907年イギリスのアンティークリング

こんにちは。
イギリス製のアンティークリングが入荷いたしました。


170617a


お花をモチーフにした女性らしいデザインです。


170617b


中央の宝石はパープルサファイア。
その名の通り、紫がかった色合いです。
初めて目にされた方もいらっしゃるかもしれませんね。


170617c


サファイアといえばブルーを思い浮かべますが、例えばピンクや
イエローなど、ファンシーカラーサファイアと呼ばれる様々な
色の種類があります。

そして実はサファイアとルビーは同じ仲間で、赤色のものだけが
ルビーとされます。


170617d


花びらにあたるパールは、半分にカットされたハーフパールです。
僅かにグレー味を帯びています。
可愛らしいモチーフですが、パープルサファイアもパールもシックな
雰囲気がのぞくため、全体が大人っぽく仕上がっています。


170617g


ホールマークがしっかりと確認できます。
"9金・バーミンガム・1907年"、"L.BROS" はおそらく、バーミンガムの
ジュエラー、"Lewis Brothers" を示しているものと思われます。


170617e

170617f


ギャザーを寄せたようなデザインに丸い透かしを設けた台座も
素敵ですね。
1907年ですのですでにエドワーディアンに入っていますが、
ロマンティックで装飾的な、ヴィクトリアンの香りが色濃く残っています。


170617h

170617i


ぜひ当店ウェブショップで詳細をご覧ください。


スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/17(土) 17:05:24|
  2. 新着商品

ペリドットとハーフパールのブローチ

こんにちは。
本日はカラーストーンを使ったブローチが入荷しました。


170614a


ペリドットとパールを組み合わせています。


170614b


やわらかく上品な色合いです。


170614c


パールと淡い色調のカラーストーンを合わせたジュエリーは、
1800年代の終わり頃のヴィクトリアン、そして1900年代初頭、
エドワーディアンの作品でも多く見かけます。
軽やかで繊細なオープンワークととても相性が良いですね。


170614d


オリーブグリーンのペリドット。
美しいカットできらきらと輝きます。
アンティークジュエリーでは、おそらく現代よりも、ペリドットの人気は
高く、パールやダイヤモンドと合わせた素敵なものが多いです。


170614e


パールは全て、球型のパールを半分にカットしたハーフパールです。
直径1ミリほどの小さな小さなハーフパールが、細やかに並んでいます。


170614f


リーフにセットされたものはもっと小さいです!
このリーフも、下の筋状のゴールドにぴったりとくっついてはおらず、
横からみると、少しだけ斜めに起き上がっています。
立体感と軽やかさの演出が、こんな細部にまでなされているのですね。


170614g


パールは低く、ペリドットは高くセッティングし、ペリドットの
存在感をより引き立てるようなつくりです。


170614h

170614i


エドワーディアンの特徴がとてもよく表れている、美しく洗練された
ジュエリーです。
ぜひウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/14(水) 17:08:01|
  2. 新着商品

サファイアとダイヤモンドのリング

こんにちは。
本日もカラーストーンのリングが入荷しております。


170611a


サファイア、そしてダイヤモンドのリングです。


170611b


サファイアを中心に、十二石のダイヤモンドが花びらのように
配されています。
このようなタイプのものは、クラスターリングと呼ばれています。


170611c


1930年頃のものと推測、1920~30年頃のアールデコのジュエリーには、
合成サファイアを使ったものも多くありますが、こちらは天然の
サファイアです。


170611d


ダイヤモンドのカットには、少し現代のカットに近づいてきた様子が
見てとれます。
サファイアの濃いブルーとダイヤモンドのクリアは、お互いをさらに
美しく見せる、とても相性の良い組み合わせですね。


170611e


爪がぐっとサファイアを前に出しているように見えます。


170611g


透かし模様の施された台座もふっくらと丸みがあり、これにより
高さが出て、指に着け正面から眺めた時に、モチーフの存在感が
際立つのです。
横から見ると、レースのような透かしがちらりと覗くところも
おしゃれです。


170611f


刻印は一部摩耗のため読み取れなくなっていますが、
"18CT(18金)" "PLAT(プラチナ)" の文字が確認できます。


170611h

170611i


商品の詳細は当店ウェブショップでご覧いただけます。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/11(日) 17:02:58|
  2. 新着商品

エメラルドとパールのリング

こんにちは。
普段使いにもおすすめしたいリングが入荷いたしました。


170610a


1800年代後期~1900年頃製の、エメラルドとパールのリングです。


170610b


エメラルドは、アンティーク好きの方にはおなじみの、デマントイド
ガーネットを思わせるような明るくフレッシュなグリーンです。


170610c


五月の誕生石エメラルドと、六月の誕生石パールの組み合わせ。
そしてこの瑞々しい色合い。
まさに今、緑の美しいこの季節にぴったりです!


170610d


パールは、丸いパールを半分にカットした、ハーフパールが
使われています。


170610e

170610g


丸いままセットするよりも、パールの高さが抑えられています。
地金に埋め込むようなセッティングのエメラルドともバランスが
いいですね。


170610f


"15CT" (15金)の刻印と、おそらくメーカーズマークが確認できます。


170610h

170610i


パールとカラーストーンを組み合わせたジュエリーが、ヴィクトリアン
後期頃流行しています。
様々な色石が使われ、またデザインも豊富ですので、ぜひ一つずつ、
お気に入りを増やしていかれてはいかがでしょうか。

こちらの商品の詳細は、当店ウェブショップでご覧いただけます。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/10(土) 15:37:23|
  2. 新着商品

ダイヤモンドのブレスレット

こんにちは。
新着商品のご紹介です。


170604a


アンティークダイヤモンドのブレスレットです。


170604b


42石+クラスプ部分に3石、合計45石のダイヤモンドが使われています。


170604c


ローズカット、しかも面数が多く整ったカットが施されています。
直径約2mm~3mmほどのダイヤモンドがグラデーションで連なって
いますが、このくらいの大きさですと、もっと面数の少ないカットの
ものの方が多いのではないでしょうか。


170604d


こちらは屋外、自然光で撮影してみました。


170604e


ローズカット特有の、キラリ、キラリとダイナミックに輝く様子が
よくわかりますね。


170604f


地金にはシルバーが使われています。
間にチェーンなどを挟まず、台座を直接組み連ねているので、
石同士の間隔が近く、なおかつパーツごとの動きもスムーズで、
着けるととてもしなやかな煌めきのラインが生まれます。


170604g

170604h


クラスプの上部にもしっかりダイヤモンドがあしらわれています。


170604i


定番ともいえるデザインを、特別なアンティークローズカットの
ダイヤモンドで楽しめる、とても贅沢なジュエリーです。
ぜひウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/06/04(日) 18:26:10|
  2. 新着商品

プロフィール

galleryaura

Author:galleryaura


東京港区麻布十番のアンティークショップ、ギャラリーオーラのブログです。
アンティーク買取のご相談も承っております。

>>GALLERY AURA WEBSHOP

最新記事

GALLERY AURA Facebook

ぜひ「いいね!」をお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリ

新着商品 (125)
おすすめ商品 (25)
お知らせ (21)
その他 (0)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する