GALLERY AURA Shop Blog

東京都港区麻布十番のアンティークショップ、ギャラリーオーラのブログです

新着のカクテルリング

こんにちは。
ヴィンテージのカクテルリングが入荷いたしました。


170813a


イエローゴールドとホワイトゴールド、そしてシンセティック(合成)
ルビーのリングです。


170813b


"カクテルリング"の名前は、1940年代頃、夕方に開催される少し
軽めのカクテルパーティーに好んでつけられたタイプのリングで
あることから、そう呼ばれています。

ゴールドにダイヤモンドやカラーストーンを合わせ、ちょっと変わった
幾何学風のデザインやリボン、お花などのモチーフが多く見られます。
全体的にボリュームがあって華やかなのが特徴です。


170813c


シンセティックルビーならではの、はっとするほど鮮やかなピンク。
大きなサイズが一石、一回り小さなものが二石セットされています。


170813d


ゴールドにも重厚感があり、石を留めている爪もしっかりした大きめの
タイプです。


170813e


ホワイトゴールドには四方に広がる花のような彫りが。
その凹凸のある白い金属面に光が当たるとキラっと輝くため、まるで
ダイヤモンドがセットされているかのように見えます。
この時代の時計などにも、同様の装飾が用いられていますね。


170813f

170813g


右側からと左側から、印象が全く異なり楽しみが二倍です。
リングの上下を逆にし、ホワイトゴールドとイエローゴールドの
モチーフの向きを変えてみるのもおすすめの楽しみ方です。


170813h

170813i


当店ウェブショップにてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/08/13(日) 17:25:40|
  2. 新着商品

カメオのブローチが入荷しました

こんにちは。
七月も最終日、本日の新着商品のご紹介です。


170731a


ハードストーンカメオブローチです。


170731b


1800年代後期頃製と推測されます。


170731c


ルネサンス期の衣装をまとう貴婦人が描かれています。
しっかりと陰影のつけられた目元、わずかに上げた口角から
優しく愛らしいというよりは、理知的で凛とした雰囲気の
女性であることが伝わります。


170731d


カールアップした髪と花飾り、揺れるタイプのイヤリング、
描写がとても細やかです。


170731g


ブローチ台の金細工は、エトラスカン、歴史主義等と呼ばれる
古代風のデザインです。


170731e

170731f


金の粒や縒り線で、緻密で繊細な装飾が施されています。


170731h

170731i


古代や中世のスタイルの中に、幾何学的な模様やモノトーンの
クールな配色といった、どこかモダンな要素も感じられます。
ぜひ当店ウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。



  1. 2017/07/31(月) 18:02:59|
  2. 新着商品

アールデコのリング

こんにちは。
新着のリングをご紹介いたします。


170729a


1930年代頃のロシア製です。


170729h


"583"(14金)と、 "875" (シルバー)、モスクワのアセイオフィス
(金属の分析をしてくれる施設)を示すマークが入っています。


170729b


ダイヤモンドとシンセティック(合成)ルビー。


170729c


アールデコのすっきりとしたデザインです。


170729d


中央のダイヤモンドはオールドヨーロピアンカット、他の
16石には、ローズカットやシングルカットのものもあります。

シンセティックルビーは角に少しだけ爪を使っているのですが、
ほとんど爪の見えないようなセッティングです。
四角くカットされた石のラインが際立ち、鮮やかなピンクが
一層くっきりと見えますね。


170729e

170729f


台座の部分にも四角く窓を開け、空間を設けることで
軽やかさを演出しています。


170729g


シャンクにもV字型に隙間があいています。

地金のデザインはすっきりと整った印象なのですが、それはけして
単純さからくるものではなく、ゴールドとシルバーを使い分けたり、
直線と曲線を組み合わせたり、透かしの形を変えたりと、
細かい要素を上手に取り合わせ、しっかり計算して創り出したものなのです。


170729i


裏側から見てもちゃんとした模様になっているようですね。
ぜひ当店ウェブショップで詳細をご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/07/29(土) 18:16:56|
  2. 新着商品

葡萄のリースブローチ

こんにちは。
本日の新着商品をご紹介いたします。


170722a


葡萄のリースを象るブローチです。


170722b


この不思議なピンクの宝石は、トパーズです。


170722c


実は、ほぼ無色のトパーズの後ろにピンク色のフォイルを張り、
その色を透かして見せているのです。


170722d

170722e


濃淡ピンクのグラデーションのようです。

天然の色の濃いピンクトパーズは、大変人気はあったものの
なかなか入手が難しく、無色、または極淡いピンクのトパーズを
フォイルを利用し濃いピンクに見せるという手法を用いることは、
稀なことではありませんでした。
トパーズではなく、ペーストが使われているものもあります。
とても興味深い、ジュエリー史の1ページですね。


170722f


二色のゴールドを使い葡萄を表現しています。
果実はイエローゴールド、とても小さな粒状の金をいくつも
積み重ねています。


170722g


葉はグリーンゴールドです。


170722h

170722i


ゴールドがとても貴重だった時代の作品ですので、とても薄く
軽やかなつくりです。

詳細をぜひ当店ウェブショップでご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/07/22(土) 18:40:09|
  2. 新着商品

新着のダイヤモンドリング

こんにちは。
ダイヤモンドのリングが入荷いたしました。


170714a


セットされたダイヤモンドは、全てローズカットです。


170714c


中央楕円型の一石は、カットの面数が24、ダッチローズカットと
呼ばれる面数の多いものです。


170714b


その周りを花びらのように囲むのは、少し小さ目の十二石。


170714d


シャンクも左右に三石ずつ、合計十九石のダイヤモンドが
あしらわれています。

ローズカットは、16世紀~17世紀頃に登場したとても古いカットです。
中央の一石に見られる、地金のシルバーでダイヤモンドの縁を
覆うようなセッティングも古い時代に用いられており、全体的に
クラシカルな印象が漂います。


170714e

170714g


ダイヤモンドの周りにはシルバーが使われています。
他の部分の地金はゴールドです。


170714f


"18CT" (18金)の刻印があります。


170714h


トップ部の裏側は閉じ、指に沿うようにカーブして着け心地も
滑らかです。
当店ウェブショップに掲載していますので、ぜひご覧ください。

スタッフ iku


----------------------------------------------

■GALLERY AURA Facebookをはじめました!
ぜひ「いいね!」をお願いいたします。


  1. 2017/07/14(金) 17:38:23|
  2. 新着商品
次のページ

プロフィール

galleryaura

Author:galleryaura


東京港区麻布十番のアンティークショップ、ギャラリーオーラのブログです。
アンティーク買取のご相談も承っております。

>>GALLERY AURA WEBSHOP

最新記事

GALLERY AURA Facebook

ぜひ「いいね!」をお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリ

新着商品 (125)
おすすめ商品 (25)
お知らせ (21)
その他 (0)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する